文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

[認知症と向き合う](1)イコール絶望ではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 みなさん、こんにちは。この連載では『認知症と向き合う』というテーマで、認知症の方々のことを考えていきたいと思います。

 私は、訪問診療といって、日を決めて定期的にそれぞれのお宅にお邪魔して診療をしています。訪問先は、ご本人が認知症になって生活が大変になってしまった、あるいは、ご本人が外来にいってくれない、というご家庭がほとんどです。認知症という病を通じて、様々な気持ちの行き来や、こちらの胸が詰まるようなご家族の大変な心の痛み、そしてご本人の心の苦しみをじかに感じることもあります。

 今、認知症の方は200万人を優に超えるとも言われています。そしてどんどん増えると言うのです。現在、40歳の方が65歳になる2035年には、この数がおよそ倍になるというデータもあります。

 そこで質問です。『ご自身が世を去る前に、認知症になる』と思っている方、どれだけおられるでしょうか? ノーと答えるのは難しいのではないでしょうか。であれば、認知症の問題は、実は近い将来のみなさんの問題であると置き換えてもよいと思います。

 続いて聞きます。認知症イコール絶望でしょうか? 時折、介護殺人、介護心中、介護うつなどの文字を見かけます。認知症をテーマに診療を続けていると、人が人でなくなるような、悲しくて苦しい場面も散見します。私の今の支えは、愛情にあふれた周囲の人々のかかわりと、何より幸せそうな認知症のご本人がおられるということです。

 認知症イコール絶望とはしたくない。認知症になっても人生の主役であり続けたいものです。認知症の医療・介護は、そういう意識を前提に積み上げられるものなのでは、と思うのです。(木之下(きのした)(とおる)、「こだまクリニック」院長)

 1985年、東大医学部保健学科卒。87年、同大大学院博士課程進学。96年、山梨医科大卒。日本老年精神医学会評議員。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事