文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

移植の前に(2)最新人工心臓 独で装着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  ドイツの病院に入院中の松永真和さん。写真左側のバッグに補助人工心臓の駆動装置が入っている(2009年7月、松永さん提供)  重い心臓病で心臓移植を受けるためにドイツへ渡った福岡県の松永真和さん(32)は、国内では未承認の国産医療機器のおかけで、無事、移植が受けられた。  トラック運転手をしていた2000年11月、心臓の収縮力が弱まる「拡張型心筋症」と診断された。症状は進み、心臓移植が必要となっ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事