文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

白血病 遺伝子検査で再発予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 患者の女性(手前)とドナーの母親(右)に遺伝子検査の結果を説明小川啓恭さん(兵庫医大で)  遺伝子検査は、がんの再発予測にも用いられる。  兵庫県の女性(19)は2009年3月、骨髄の造血幹細胞ががん化する急性骨髄性白血病と診断された。抗がん剤治療は効果がなかったが、6月に兵庫医大病院(兵庫県西宮市)で母親(56)から骨髄移植を受け、一般的な検査ではがん細胞が見つからない「寛解」状態…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事