文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

日本進まぬ「不活入」導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 先月、神戸市は市内の男児が、ポリオを発症したと発表した。男児は予防接種を受けておらず、別の人を介して、ワクチンが2次感染したとみられている。  ポリオは、かつて年間2000~3000人が発症し、その2割前後が死亡していたが、1961年に生ワクチンが緊急導入されてから感染者は激減。80年を最後に自然感染で発症した人はいない。だが、その後もワクチンに感染した子どもがポリオを発症している。生ワクチンに…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事