文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

40歳過ぎ再び健康被害

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 ポリオの予防接種で左足がまひし、不活化ワクチンの導入を訴える丸橋さん(東京都内で)  ポリオに感染して手や足のまひが残ると、一生、その障害と向き合わなければならない。だが、それだけではない。「ポスト・ポリオ症候群」を発症することもある。  東京都の丸橋達也さん(44)は、生後8か月の時にポリオの予防接種を受けた後、左足がまひ。便からワクチンのウイルスが出て、予防接種の健康被害と認定さ…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事