文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

手のひらのしこり 徐々に大きく

 3年前から手のひらに小さなしこりがあり、大きくなり始めました。整形外科医には「デュピュイトラン拘縮(こうしゅく)で、次第に指が曲がってくる」と言われています。(62歳女性)

刺激避け 触らぬように

堀内行雄 川崎市立川崎病院理事(整形外科)

 手の甲の皮膚は容易につまみ上げられますが、手のひらの皮膚は動きが少なく、物をしっかり持てるようになっています。これは手のひらの皮膚のすぐ下に「手掌腱膜(しゅしょうけんまく)」という薄い膜が、手首の部分から5本の指に向かって扇状に広がり、皮膚が動かないようしっかりと皮膚とつながれているからです。

 デュピュイトラン拘縮という病気では、手掌腱膜にできた小さなしこりが徐々につながり合って太くなり、ひも状になって縮んで硬化します。しこりができても特に痛みはありませんが、進行すると指の付け根の関節が曲がったまま、伸ばせなくなります。

 原因は不明です。病気にかかりやすい人は中年男性で、白人に多いのですが、日本人にも軽症例は少なくありません。糖尿病患者に多い傾向もあります。両手に発生することが多く、できやすい場所は薬指や小指ですが、5本の指すべてにできたり、足の裏にできたりすることもあります。

 一般的には徐々に進行しますが、軽症のまま終わる人も少なくありません。物理的な刺激を受けるうちに悪化することもありますので、しこりの部分をあまり触らないように心がけることが大切です。

 手のひらがテーブルにぴったりつけられなくなったら、しこりのある手掌腱膜を周囲の神経や血管を傷つけないように取り除く手術が必要になります。その時は「日本手の外科学会」が認定する専門医に受診することをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

読売IDを取得し、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方が利用できます。
下の「会員登録」のボタンをクリックして、手続きしてください。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談には、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。電話相談は、読売新聞を購読されている方で、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方のみご利用できます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。