文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

痛風の症状ないが尿酸値8超す

 5年程前から健康診断で尿酸値が8以上で「要治療」と言われています。痛風の症状が全くないため薬は飲んでいませんが、体に何か影響が出てこないか心配です。(55歳男性)

プリン体抑えた食生活を

龍野一郎 千葉大病院糖尿病・代謝・内分泌内科准教授(千葉市)

 尿酸は細胞が壊れたり、ビールや肉類などに多いプリン体から作り出されたりした廃棄物で、腎臓から排泄(はいせつ)されます。水に溶けにくく、血中の溶解度(血清1デシ・リットルあたり7ミリ・グラム)を超えると「高尿酸血症」と定義されます。

 尿酸値は、女性は女性ホルモンによって低く抑えられますが、男性は高くなりがちです。高尿酸血症になって10年程度で関節などに結晶が沈着し、痛風などを起こすといわれています。

 高尿酸血症と痛風の原因には、先天的に腎臓が尿酸を排泄する機能が低い「尿酸排泄低下型」と、生活習慣で尿酸の産生が過剰になる「尿酸産生亢進(こうしん)型」があります。前者は肥満タイプではない若年の痛風患者に、後者は中年の肥満、特にメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の人によく見られ、両者が混在する人もよくいます。

 最近、高尿酸血症が狭心症や心筋梗塞(こうそく)など心血管障害を引き起こす恐れがあると報告されています。しかし、自覚症状のない高尿酸血症の人が薬の投与を受けた場合に、そうした危険性を回避できるのかは、まだ分かっていません。

 質問者は50歳頃から、高尿酸血症が顕在化してきているので、尿酸産生亢進型の要素が大きいようです。まずは薬に頼らず、アルコールやプリン体、カロリーの過剰摂取を避けた食生活を心がける必要があります。ただし、すでに心臓や腎臓などの臓器に障害のある場合は、内科の専門医にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

読売IDを取得し、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方が利用できます。
下の「会員登録」のボタンをクリックして、手続きしてください。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談には、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。電話相談は、読売新聞を購読されている方で、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方のみご利用できます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。