文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「症候性てんかん」と診断

 先日、75歳の妻が、自宅で呼びかけに反応しなくなり、救急車で運ばれたところ、「症候性てんかん」と診断されました。2年前に脳梗塞(こうそく)を患っており、心配です。(82歳男性)

MRI検査受け服薬を

伊藤ますみ 天使病院精神科・神経科科長(札幌市)

 脳は複雑な電気信号のやりとりを行い、体をコントロールしています。しかし、何かの原因でこの電気活動が乱れると、いろいろな症状が起こります。これをてんかん発作といい、体の一部がけいれんしたり、意識を失ったりします。

 症候性てんかんは、脳の一部に何らかの病気があり、その場所の電気活動が乱れて起こる発作です。子供に多い病気ですが、60代以上の高齢者にも多いことが、最近わかってきました。

 てんかん発作を起こしたことのない高齢者が突然、発病した場合、脳梗塞や脳腫瘍(しゅよう)などの病気が関係していることが多く、奥さんも以前に患った脳梗塞が関係していると考えられます。

 ただ、はっきりした病気がなくても、症候性てんかんを起こすことは少なくありません。医師に症状を詳しく話し、脳の電気活動を測る脳波検査や脳の内部を調べるMRI(磁気共鳴画像)検査を受けて、原因が何なのか調べてみてください。

 治療は、発作を止める薬を飲むことです。抗てんかん薬などいろいろな種類があり、症状や検査からその人に合った薬を選ぶことが大切です。

 ほとんどの人は、比較的早く発作が治まりますので、必要以上に心配することはありません。ただ、再発することがありますので、発作がなくなってもしばらく薬を飲み続けて下さい。

 また、寝不足や過労は発作を起こしやすくします。規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。