文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

腹腔内化学療法 胃がんの腹膜播種に効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 おなかの中にがん細胞が散らばって増大し、胃がんで死亡する患者の半数以上を苦しめるという腹膜播種。これまで効果的な治療法がなかったが、新しい治療法「腹腔内化学療法」が一定の成果をあげ、2009年11月、国から「高度医療」に認定された。(山崎光祥)  千葉県の女性(41)は2005年11月下旬の昼過ぎ、突然へその下辺りに鈍い痛みを覚えた。夜になると、おなかを押さえただけで跳び上がるほどに悪化。搬送先…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事