文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

検診で「副腎腫瘍」の疑い

 検診で「副腎腫瘍(しゅよう)」の疑いがあると言われました。どのような病気か教えてください。(51歳女性)

ホルモン過剰分泌で高血圧も

石戸谷滋人 東北大病院・泌尿器科准教授(仙台市)

石戸谷滋人 東北大病院・泌尿器科准教授(仙台市)

 副腎は、背中の左右に一つずつ、腎臓の上部についている臓器です。大きさは子供の耳たぶぐらいと小さいのですが、血圧などを正常に保つホルモンを分泌する大事な役割を担っています。

 副腎腫瘍とは、この副腎の一部が2~3センチ程度に腫れたものです。ほとんどの場合は良性で、体に異常がなければ、様子を見るだけで治療の必要はありません。

 しかし、副腎腫瘍がホルモンの過剰分泌を引き起こす場合があり、様々な病気の原因となります。

 代表的なのは、血圧を上げるホルモン「アルドステロン」が多く作られる「原発性アルドステロン症」です。高血圧患者の1割弱を占めるとも言われています。

 また、「クッシング症候群」や「褐色細胞腫」という病気も多く見られ、高血圧や糖尿病などを引き起こします。

 高血圧や糖尿病になって、原因がホルモンの過剰分泌であると考えられる場合、副腎を摘出する手術を受けることをお勧めします。

 手術は、腹部を切らず、小さな穴を開けて行う「腹腔(ふくくう)鏡手術」が主流です。約1週間の入院で済み、副腎を摘出すれば、高血圧や糖尿病の薬はかなり少なくなり、場合によっては全く飲む必要がなくなります。

 また、副腎腫瘍の大きさが4~6センチを超えた場合は、悪性(副腎がん)になる恐れがあります。この場合も摘出手術を受けた方がいいでしょう。

 まずは、内科で腫瘍の大きさやホルモンの分泌量を調べることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

読売IDを取得し、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方が利用できます。
下の「会員登録」のボタンをクリックして、手続きしてください。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談には、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。電話相談は、読売新聞を購読されている方で、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方のみご利用できます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。