文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

手術後の再発もある真珠腫性中耳炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  画像の拡大 患者の耳の中を診察する岩永さん(大阪市の大阪赤十字病院で)   耳だれや耳鳴り、難聴――。大阪市の会社員男性(57)は子どものころから、左耳の中耳炎に悩まされてきた。  中耳は、鼓膜やその奥の空洞(鼓室)、内耳に音を伝える骨(耳小骨)などからなり、鼻の奥とつながっている。ウイルスや細菌感染による炎症で鼓室にウミがたまると、耳だれや発熱などの症状が出る。  鼻汁の吸引や抗菌薬を使った…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事