文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

お知らせ・イベント

お知らせ・イベント

(中)解熱後も2~3日は「感染源」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンス 郡山フォーラム

 
福島県医師会副会長・菊池辰夫(きくち・たつお)さん 慶応大医学部卒、同大学院修了。医療法人仁寿会菊池医院(福島県郡山市)院長、日本医師会公衆衛生委員会副委員長。69歳。

 ――新型インフルエンザは季節性と比べて怖いのでしょうか。5月に国内で感染が初めて確認された当時と比べると、病気に対する緊張感が薄れた印象があります。

 安井 季節性の場合は、高齢者がインフルエンザにかかった後、体力の低下などで細菌による肺炎を発症して亡くなるケースが多い。ところが、新型はウイルスそのものから肺炎にかかります。一部にたちまち症状が悪化するケースがあります。新型は肺に入ると、増殖しやすいからだとみられています。ひと昔前だったらたくさんの子供が亡くなっていたかもしれませんね。

 菊池 私の医院でも、新型で入院した患者は本当にぐったりとして動けない状態です。肺炎を起こす子供は半日であっという間に悪化する例もあるので、現場の医師はすぐに酸素吸入の措置がとれるよう緊迫感を持っています。

 ――どういった人や場合に特に注意が必要ですか。

 安井 9歳以下の子供のほか、ぜんそくなど慢性の呼吸器の病気、心臓、肝臓、腎臓、血液疾患を持っている人、そして妊娠している女性は発病すると重症化する危険性が高いと言えます。高齢で持病のある人も死に至るケースが多く、要注意です。

 菊池 未熟児で生まれた子供は呼吸器の発達が不十分なことが多く、こちらも重症化の危険があり、きちんとした対応が必要です。

 ――かかったと思ったらどうすればいいでしょうか。みんなが早期受診すると患者が押し寄せて医療機関がパンクし、病院に行ったために感染してしまう危険もあります。

 安井 医療機関にかかるには、たとえば職場に感染者がいたかどうかなど、感染の可能性をある程度、見極める必要があります。少し熱が出たからと過剰に心配して受診すると、本当に診察が必要な人が処置を受けられなくなる可能性があるからです。

 菊池 行政と医療機関を含め、地域全体で24時間診療できる態勢を築くことも大切です。一つの医療機関に患者が集中すると、医療機関がパンクすることになります。

 
田中・医療情報部長

 ――治療薬の効果はいかがでしょう。

 菊池 タミフルやリレンザを使うと、高熱の子供の熱がすとんと下がります。ただ、新型インフルエンザによる脳症患者は発症までの時間が短く、薬を処方する前に症状が出てしまう場合もあります。

 安井 抗ウイルス薬は、ウイルスが増えるのを抑える効果があると言われ、熱などの症状がある期間を短くしてくれます。重症化を防ぐかどうかはわかりませんが、季節性インフルエンザについては、脳症にかかる患者の数自体は減ったというのが実感です。

 ――ワクチンで感染が防げないならば、接種を受ける意味は何でしょうか。

 安井 季節性インフルエンザのワクチンで言えば、高齢者施設の職員が、重症化して亡くなるお年寄りが施設内で目に見えて減ったと話していました。ある保育施設で2年前に行われた調査では、接種を受けた子供の方が発病する数が少なく、入院する割合も低いことがわかりました。ワクチンは流行を和らげ、重症化する危険性を減らします。

 ――日常生活でできる予防策はありますか。

 菊池 学校で子供たちがどのように感染したかを聞くと、まず隣の席、次に後ろの席という順番だと言います。子供が振り向いてしゃべると、後ろの席の人は正面からウイルスの入った、せきやくしゃみの飛まつを受けるからです。飛まつが口や鼻から入って感染するという意識を持って過ごすことが大切です。

 
安井良則さん

 安井 規則正しい生活を送り、発病者が出たら家の中で寝る部屋や食事などは別々にします。睡眠時間の少ない子供や、食事を1日2回しかとらない子供に発病者が多いということも聞いています。

 ――くしゃみなどの飛まつで感染するなら、空気清浄機は利用しても効果はないのでしょうか。

 安井 空気をきれいにすることで安心感は得られるかもしれませんが、ウイルスを含む飛まつの飛散は空気をきれいにしても防げません。一方で、ウイルスは湿度に弱いという性質があります。高すぎると人間が健康的に生活できなくなるので、50~60%程度に保つとよいでしょう。

 ――新型インフルエンザの流行から地域や医療機関を守るためにできることを教えてください。

 菊池 日本人は、具合が悪くても頑張って働いてしまう。体調が悪いなと思ったら休養してほしい。病気の兆候かもしれないからです。そんな雰囲気を社会で共有することで、周囲への感染を防ぐことができます。学校では、解熱剤を飲んで熱が下がったからと、子供を登校させ、周囲に感染させてしまう例が目立ちます。症状が良くなっても治ったわけではなく、解熱後2~3日は静養が必要です。(2009年12月5日掲載の読売新聞から転載しました)

医療ルネサンス 郡山フォーラムは3回に分けて掲載しています
(上)新型インフル「正しく怖がる」(2010年2月18日)
(中)解熱後も2~3日は「感染源」(2010年2月19日)
(下)保育園の発表会は? 「中止が無難」 (2010年2月22日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お知らせ・イベントの一覧を見る

最新記事