文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

目の若さを保つ

連載・健康プラス【有料会員限定】

(4)「ごきげん」に運動、節食

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 加齢に伴う目の病気の中には、高血圧や糖尿病などの生活習慣病が引き金になるものも多い。慶応義塾大学医学部眼科教授で、アンチエイジング(抗加齢)医学の第一人者である坪田一男さんは、「生活習慣を改善し、体全体の若さと健康を保つことが、目の老化防止にもつながると考えられます」と話す。

 坪田さんが提唱する生活習慣の改善ポイントは、「運動」「カロリー制限」「ごきげん」の三つだ。

 運動は、成長ホルモンの分泌を促し、生活習慣病の元になる肥満を防ぐ。目に対する効果としても、日常的にランニングをする人は白内障と加齢黄斑変性にかかりにくいとの報告がある。ストレッチ、ジョギングなどの有酸素運動、筋力トレーニング、バランス運動(片足立ち)の4種類を習慣化したい。

 カロリー制限は、肥満を防ぐだけでなく、長寿にかかわる遺伝子を活性化させることがわかってきた。動物実験では、摂取カロリーを通常の7割程度に抑えると寿命が伸びるという。ただ、必要な栄養は十分取ることが重要。「腹八分目を心がけ、炭水化物や脂質を減らして、緑黄色野菜や果物を多く取ることが望ましい」と坪田さん。

 「ごきげん」とは、ストレスをためず、リラックスして笑顔で過ごすこと。ストレスは免疫力を低下させ老化を助長する。ごきげんのためには睡眠も大切だ。食事は就寝の3時間前には終える。起きた時にスッキリ感がなければ、睡眠時無呼吸症候群の疑いもあるので、専門医に相談を。

 目の衰えを感じ始めたら、全身のアンチエイジングに取り組むチャンス、と前向きに考えよう。(林真奈美)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

連載・健康プラス【有料会員限定】の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

目の若さを保つ

最新記事