文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

早期発見の試み、ぶどう状腫瘍に注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  九大病院第一外科教授・田中雅夫さん  膵臓がんは自覚症状が乏しく、進行して見つかることが多い。早期発見を目指した取り組みが進められている。  九大病院(福岡市)第一外科教授の田中雅夫さんは、膵液を腸に送る管(膵管)に、ぶどうの粒や房に似た良性の腫瘍がある患者に注目する。1996年、胃がんで入院した男性(73)がきっかけだ。  CT(コンピューター断層撮影法)に偶然ぶどう状の腫瘍が写ったため、膵…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事