文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

抗がん剤「ジェムザール」 20%の患者で縮小効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 
定期的に井岡さん(右)の診察を受けながら、「がんとともに前向きに生きたい」と語るBさん

 手術不能の末期がんで、余命3か月――2002年8月、大阪府門真市のBさん(68)は自宅近くの病院でそう診断された。家族は何とか手術できないかと気をもみ、あちこちの医療機関の情報を集めた。

 本人はそんな気力さえなく身辺整理を始めたが、遺書はどうしても書けない。「本音では生きたいという気持ちがあったんです」。念のためと、大阪府立成人病センター(大阪市)を受診。すると、予想外の答えが返ってきた。「治療の可能性はあります」

 がんは7・5センチで、近くの大きな動脈にも広がっており手術では取り切れない。以前なら治療は難しかったが、その前年、膵臓がんでは初めての抗がん剤ジェムザールが承認された。約20%の患者に、がんの縮小効果があるとされる。

 同センターに入院したBさんは、週1回の抗がん剤の点滴と、放射線治療を受けた。幸い副作用もなく半年後に退院。その後も週1回の点滴治療を続けている。がんは1年後に2センチほどに縮小した。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事