文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「バレット食道」治療法がない

 胃の内視鏡検査で「バレット食道」と告げられました。治療法がないとの説明にショックを受けています。どんな病気で、どうすればいいのか教えてください。(79歳女性)

粘膜が変質 定期的に検査を

木下芳一 島根大病院・消化器内科教授(島根県出雲市)

 バレット食道とは、胃と接している食道の部分に炎症が起こり、食道の粘膜が胃や腸に似た別の粘膜に変質する病気で、とてもよく見られます。原因は胃液が食道に逆流して胸やけなどの症状が表れる「逆流性食道炎」と考えられていますが、多くは症状がなく、胃の内視鏡検査でたまたま発見されるのが一般的です。

 質問者は朝、口の中がカラカラになるようですが、これも胃液の逆流で起きる場合があります。こうした症状や胸やけなどがある方は、逆流性食道炎と同様に胃酸を減らす薬を飲めば、多くの場合は症状が軽くなります。

 バレット食道自体の治療は、変質した粘膜を内視鏡を使って焼き、食道本来の粘膜の再生を誘導するいくつかの方法が開発中です。どのような方が治療を受けるべきか、どの治療法が最も有効で安全性が高いかなどが検討されています。

 バレット食道で問題になるのは、粘膜が変質した範囲が3センチ以上になると将来的にがん化の恐れがあることです。そのような方は多くはないものの、例えば年に1回などと定期的に内視鏡検査を受ける方がよいでしょう。一方、3センチ以下なら危険性は低くなりますので、検診の間隔を長めにできると考えられています。

 ただ、3センチ以上でも胸焼けなどの自覚症状がない方はたくさんおられます。消化器に詳しい医師に、将来的ながん化の危険性について相談し、定期的な検診の計画を立ててもらってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。