文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

頭蓋骨縫合早期癒合症・クルーゾン症候群

治療

頭蓋骨縫合早期癒合症 骨はがさない新治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 関東地方の男児(2)は、生後半年頃、検診で頭の形がおかしいと指摘され、近くの脳外科医から自治医大形成外科を紹介された。コンピューター断層撮影(CT)で頭骨が頭頂部でくっついている「頭蓋骨縫合早期癒合症」とわかり、生後10か月の時に頭の骨をいくつかに分割して引っ張る「多方向性頭蓋骨仮骨延長法(MCDO=マクド法)」という手術を受けた。手術から2年たったが、男児は正常に発育している。(館林牧子)  …

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「頭蓋骨縫合早期癒合症・クルーゾン症候群」に関連する記事

治療