文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

歯を白く

連載・健康プラス

(2)汚れ付けるごしごし磨き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 飲食物による汚れやたばこのヤニによる歯の黄ばみを防ぐには、口の中の環境を、汚れが付着しにくいように整えることが重要になる。

 ナグモ歯科赤坂クリニック(東京・赤坂)の歯科衛生士田島菜穂子さんは、「汚れを落とそうと自己流でやっていることが、実は汚れを付きやすくしていることがある」と指摘する。

 たとえば、硬めの歯ブラシや、ヤニとり効果をうたう粒子の粗い歯磨き剤を使い、強い力でごしごしと磨くこと。これは、歯の表面に細かな傷をつけてしまう。いったんは汚れが落ちても、この傷に、再び飲食物などの汚れが付着しやすいので、黄ばみやすい歯を作っていることになる。

 歯ブラシは軟らかめか普通の硬さを選ぼう。柄が適度にたわみ、力がかかりにくい工夫がされている商品も使いやすい。茶渋などを針のような先のとがったもので削り落とすのは厳禁だ。

 汚れを落とすには、唾液(だえき)も大切だ。

 慶応大医学部臨床薬剤学教室講師の今村知世さんは、「頻尿の薬や、腹痛時に処方される消化管運動抑制薬などは、唾液の分泌を抑える働きがあるので注意してほしい」と指摘する=表=。

 田島さんが教えてくれたのは、唾液を分泌する唾液腺を刺激するこの一押し=イラスト=。両手の親指であごのつけ根あたりの、首の上部を押す。「食前食後はもちろん、テレビを見ながら、駅で電車を待ちながらなど生活のいろいろな場面で、意識して唾液を出してみましょう」

 汚れが気になる場合、歯科での歯の掃除(クリーニング)もある。様々な硬さのブラシやクリーム(薬剤)を使い分け、丁寧に歯を磨き上げる。着色汚れのみを落とすのは自費で、1回数千円から1万5000円程度になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

連載・健康プラスの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

歯を白く

最新記事