文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

のどの奥 ひだの間に白い塊

 10年近く前から月に1、2回程度、のどの奥のひだの間に白い塊がつきます。家庭医学書では「慢性扁桃(へんとう)炎」とありましたが、どうすれば塊がつかなくなりますか。(65歳女性)

吸引や洗浄で繰り返し除去

 免疫を担う臓器で、俗に「扁桃腺」とも呼ばれる扁桃のうち、のどのひだの間にあるものを「口蓋(こうがい)扁桃」と言います。鼻や口から入ってきた細菌などの刺激を常に受け続けるため、誰でも慢性的に軽い炎症を起こしていますが、炎症に加えて口臭や微熱などの症状が出た場合には、「慢性扁桃炎」と診断されます。

 慢性的な炎症を繰り返していると、扁桃からはがれた細胞や白血球、細菌の死骸(しがい)、食物の残りかすなどでできた「膿栓(のうせん)」という白い塊が、口蓋扁桃の表面に開いている多数の小さな穴にたまります。特に症状がなければ放置して構いませんが、膿栓では常在菌がとても繁殖しやすいので、独特の嫌なにおいが気になったり、膿栓がたまってのどの違和感が続いたりする時は、耳鼻咽喉(いんこう)科外来での治療の対象と考えられます。

 治療は、専用の器具で吸引するか、口蓋扁桃の表面を洗浄します。膿栓は一度除去できても、再びたまるので、処置を繰り返さなければなりません。

 また、風邪などの感染症による急性炎症を繰り返したり、腎臓病の「IgA腎症」など、他の病気の病巣になったりしている場合は、全身麻酔で口蓋扁桃を取り除く手術が必要になります。

 予防には、免疫機能を下げる寝不足や過労を避け、飲酒や喫煙を慎むことも大切です。うがいには、膿栓を直接とる効果はないものの、口蓋扁桃の周辺環境を清潔にして常在菌の繁殖を抑える点で有効です。

 市村恵一 自治医大病院・耳鼻咽喉科教授(栃木県下野市)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

読売IDを取得し、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方が利用できます。
下の「会員登録」のボタンをクリックして、手続きしてください。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談には、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。電話相談は、読売新聞を購読されている方で、ヨミドクターの有料(プラス)登録をされた方のみご利用できます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。