文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療部発

医療・健康・介護のコラム

腰痛の85%は原因が不明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 
闘病体験を語った夏樹静子さん

 「医療ルネサンス」に、原因不明の腰痛に苦しんだ作家、夏樹静子さんのことを取り上げたところ、たくさんの反響をいただきました。ありがとうございました。

 「○○が効くから夏樹さんにも試して欲しい」といったものが多く、マッサージ、ストレッチなど、バラエティーに富んでいました。腰痛の数だけ治療法があるのではないかと思えるほどでした。

 記事にも書きましたが、夏樹さんの腰痛は、ストレスが関係している心因性によるものでしたが、今ではすっかり良くなられています。お会いしたときも2時間以上、いすに座りお話をしてくださいました。

 夏樹さんの主治医で、平木クリニック院長の心療内科医の平木英人さんによると、腰痛に苦しむ85%の人が原因不明だとのこと。エックス線やMRIなどあらゆる検査をしても原因が分からない場合は、ストレスや心の原因を疑ってみる必要があると言います。通常、痛みは脳の視床というところで感じますが、心因性の場合は、感情などをつかさどる前頭葉というところで感じるのだそうです。

 今後も、「痛み」をテーマにした記事をいろいろな形で掲載していくつもりです。こんな記事を取り上げて欲しいといった要望や体験記などもお寄せください。記事を書く上での参考にさせていただこうと思います。

 
 

 

利根川昌紀 2006年12月から医療情報部。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や心臓病など、生活習慣病に関係するテーマを中心に取材している。趣味はサッカー観戦。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療部発12最終300-300

読売新聞東京本社編集局 医療部

1997年に、医療分野を専門に取材する部署としてスタート。2013年4月に部の名称が「医療情報部」から「医療部」に変りました。長期連載「医療ルネサンス」の反響などについて、医療部の記者が交替で執筆します。

医療部発の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

痛みはストレスと筋肉の疲労

肘肩腰蔵

一昨年の夏ごろ腰痛に悩まされていたら、バレーボールをやっている孫から私が通っている整体院へ行ってみたらと紹介されました。もともと整形外科でヘルニ...

一昨年の夏ごろ腰痛に悩まされていたら、バレーボールをやっている孫から私が通っている整体院へ行ってみたらと紹介されました。もともと整形外科でヘルニ

アと脊柱管狭窄といわれていたのですが、3ヶ月で痛みがなくなりました。


西洋医学しか信用していない私としては孫の進めもあって半信半疑で施術を受けて嵌ってしまいました。先生曰く、腸腰筋などのインナーマッスルの疲労によって痛みが発症する。この筋肉の緊張・疲労を取ってやれば痛みは解消される。簡単に言えばこういうことなのですが、如何にしてインナーマッスルのコリを取るかということですが、一度確認してみて下さい。夏樹さんや有馬稲子さんにも紹介したかったです。


小生、古希も過ぎ「加齢病」と医者からは悉く片付けられており、金は貯まらないが診察券は増え続けています。しかし、腰や膝の痛みはこれで安心しました。

施術は1時間で3000円です。一度取材の価値はあると思います。

つづきを読む

違反報告

交通事故によるCRPS

goronyan

私は、平成12年6月8日に、4トントラックに右足をひかれました。しかも、後輪ですから、2つのタイヤです。 しかも一番痛いのは、かかとでした。しか...

私は、平成12年6月8日に、4トントラックに右足をひかれました。しかも、後輪ですから、2つのタイヤです。



しかも一番痛いのは、かかとでした。しかし、かかとの骨は、砕けたと思いましたが、骨折もしていませんでした。ひざは、半月板断裂、ひ骨脱臼骨折、大腿骨骨折、大腿部壊死。



整形外科では、骨折が軽かったので、1年半ぐらいで症状固定にしようといわれました。皮膚壊死は、20センチ×20センチとひどく、神経も脂肪も血管も筋膜のうえは、すべてとり、反対の大腿部から、皮膚を移植しました。



いたみは、約10年になりますが、とれません。



慢性心因性疼痛と診断が下ったのは、3年半たっていました。



手遅れで、脊髄刺激装置が体内に入っています。ペインクリニックで、毎週トリガーポイントブロックをしながら、今も治療しています。



同時に、心療内科で投薬、カウンセリングで治療しています。最近、アメリカのメイヨークリニックの治療方法で脳との関係があるらしく、自分で分析しながら、痛みを忘れる努力をしています。



神経のないところが一番痛いのです。

CRPSです。1年半以内なら、治ったかもと・・・いつの間にか脳にインプットされてしまうのです。

痛みと、付き合うのは大変です。腰痛も坐骨神経痛も心因性膀胱と、次々と出てきます。

はやく、気がついていたらと、悔やまれます。



痛みは、がまんしてはいけないのです。はやく、受診することが大切です。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事