文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

漫画家 西原理恵子(さいばらりえこ)さん 45

一病息災

[漫画家 西原理恵子さん]夫のアルコール依存症(1)甘い生活は最初の半年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 元夫で、戦場カメラマンの鴨志田穣(かもしだゆたか)さん(2007年3月、42歳で死去)は、二つの病気を抱えていた。

 一つはがん、もう一つはアルコール依存症。がんには勝てなかったが、別れた家族のもとに帰りたい一心で断酒した。「最後の幸福な半年間がなかったら、今ごろどんなにつらかったか。今もすぐそばにいるような存在です」

 出会いは14年前、漫画の取材で出かけたタイの街角で。世界中の紛争地域を飛び回る鴨志田さんが、当時拠点としていたのがバンコクで、西原さんを案内し、現地事情を教えてくれる役回りだった。

 軍事政権下のミャンマーに僧侶となって潜入取材した話、戦場でも毎日営業しているオカマの話……。屋台で一緒に飲みながら、危険な取材で見聞きした裏話を面白おかしく語る不思議な男に、西原さんは強く()かれた。「私の知らないことをたくさん知っていて、笑わせてくれる。日本にいるお行儀のいい男とは全然違いましたから」

 1年後、アマゾンの取材で再会した。帰国すると西原さんのマンションに転がり込む形で同棲(どうせい)し、結婚した。

 甘い生活は最初の半年。気を使わなくなったころ、酒を飲んでは暴言を吐くようになった。アルコール依存症による苦しみの始まりだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

漫画家 西原理恵子(さいばらりえこ)さん 45

最新記事