文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

痛み 私の物語(1)明るい歌の陰 一人苦しむ …歌手・平松愛理さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 「今はすっかり元気」と話す平松愛理さん(読売新聞東京本社で)=岩波友紀撮影  結婚を控えた女性の気持ちをつづったヒット曲「部屋とYシャツと私」で知られるシンガー・ソングライター、平松愛理さん(45)。明るく希望に満ちあふれた歌詞とは裏腹に、「実は当時、激しい痛みに苦しみ、お先真っ暗の毎日でした」と振り返る。  今だから笑顔で話せる、平松さんと痛みの物語。  始まりはデビュー直後の19…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事