文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

鎌田實さんと秋吉久美子さんが語る

イベント・フォーラム

(4)告知せずに母を看取った、人間として正しいことだったのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

読売新聞創刊135周年スペシャルフォーラム

長野県諏訪中央病院名誉院長:鎌田實さん
東京医科歯科大学卒業。35年間、長野県の諏訪中央病院で地域医療に携わる。日本チェルノブイリ連帯基金を設立、放射能汚染地帯の病院へ医師団を派遣し、約14億円の医薬品を支援してきた。2004年には、イラクへの医療支援を開始した。2000年には、著書の『がんばらない』が大ベストセラーとなった。
女優:秋吉久美子さん
静岡県生まれ。1974年に、映画「赤ちょうちん」「妹」「バージンブルース」に出演し、一躍、時代を担う女優として注目された。「異人たちとの夏」「深い河」など数多くの映画に出演し、日本アカデミー賞優秀主演女優賞など数々の賞を受賞。映画のほか、テレビドラマや舞台でも活躍している。今年9月、早稲田大学大学院公共経営研究科を修了した。
 

告知された父、母にはがんを隠した

 秋吉 父の場合は、告知をされたがゆえに、父は死というものをものすごく納得して亡くなっていくんです。自分の部屋まで歩けなくなったのは最後の2、3日で、それまでは、往診の先生が見えるときにはネクタイまでする。

 鎌田 おお。自宅にいて?

 秋吉 自宅にいて。

 鎌田 すごい。ジェントルマン。

 秋吉 父は、私たちに対して最後は心を開いてくれましたし、ほんとうにある意味、愛に満ちて亡くなったというか、最後、亡くなる父に、ありがとうまで言いたくなるような終わり方でした。母の場合は、あと半年という宣告でした。母の親族は、告知をして、この半年を闘わせるべきだと言いました。でも、お医者様に聞いたら、検査入院で1、2か月、手術を受けても、術後、治るまでにまた1、2か月。経過が良くなければそこでお終い。

 鎌田 膵臓は大変ですよね。

 秋吉 はい。それから、抗がん剤。合わなければ投与中止。いきなりの悪化も想定できる。半年の間にひとときもリラックスするときないという闘いを母に負わせることになる。それはあまりにも酷だということになって、私の家族と妹の家族は、家族会議を2、3回して、結局、告知しないということにしました。仮退院をして、小康状態の中で、温かい家族の交流があって、ヨン様が好きでしたから、韓国にでも旅行してもらうのはどうだろうか。母をだまし通すという大プロジェクトが始まったんです。

 ところが、そうはうまくいかなくて、胆汁が漏れて、ものすごい激痛を味わわせてしまったり、免疫が落ちて院内感染で腸炎になったり。血糖値が上がって糖尿病みたいなことで闘わなければいけなくなったり、敗血症になりかかったり。もうほんとに何週間かに1回、危篤状態が続いて。

 退院はできたんですけれども、実は母の心は真っ暗だったと思うんです。治ったというような状態ではなかった。そして、2か月ぐらいは何とか外で過ごせましたが、ある日、おなかが痛い、食欲がないから始まって、夜中に起こされて、トイレを見たら便器いっぱい真っ赤な血で、下血が起こって急いで病院に行ったら、そのまま2か月で帰らぬ人となりました。その間、否定し切るということは、人間の道として正しいことなんだろうか、と考え続けることになりました。母にお気楽な何か月かを与えたくて仕組んだ大プロジェクトなんですけれども。

 鎌田 お父様の告知もつらかったけれども、お父様は知ったことで、お父様自身が苦しみの中で何か変わっていって、それを家族にちゃんと伝えてくれた。

 ほんとうは伝えてあげたほうがいいけれども、僕は、秋吉さんのお母さんの例を見ていて、秋吉さんは見事な告知、お母さんを大好きな娘として、しどろもどろなんだけれども、僕は見事にやったと思う。

 ある晩、お母さんに「あなたはざんげしなきゃいけない」と詰問されるわけですよね。秋吉さんは、それに対して「ざんげすることはないわ。お母さんを守るために言わないこともある。だけど、守るためなんだから」と言うんです。これは、よく考えれば全部言ってしまっているのと同じなんです。何ともドジな。(笑)

 実は、ドジでいいんですよ。完ぺきな役を演じる必要はなくて、聞かれたら、がんじゃないと言いながら、でも大変なことがあるんだとわかる。この行ったり来たりの中で、ああ、そうかもしれないという思いが結構大事なことで、お母さんが生きてきた歴史を考えると、秋吉さんは、苦しみ抜きながら、一番いい選択をしてお母さんを守ってあげたんじゃないか。

命は三つのつながりで守られている

 鎌田 命というのは三つのつながりで守られていると、今までいろいろな本の中で書いてきました。人と人のつながり、二つ目は人と自然のつながり、三番目は体と心のつながり。人間、命のぎりぎりのところに追い込まれたとき、この三つが支えてくれたり、救ってくれたりするんです。

 人と人のつながりは、田舎だとまだコミュニティーがあったりする。では、都会でどうやってつくったらいいか、もう一回、みんなで工夫する必要があるんじゃないかと思うんです。友達がいることとか、都会でも隣人祭りなんていうのがあって、みんなでご飯を持ち寄って知り合いを広げていこうとか、そういうものをむだだとか、面倒くさいと思ってきたわけだけれども、もう一回、僕たちは人と人とのつながりを持っていきたい。友達とか、親せきとか、仕事のつながりだけじゃない、仕事を超えたつながりができてこないと。がんの末期の問題だけではなくて、介護の問題でも、3分の1が男性介護で、男性がすごい一生懸命、奥さんを介護している。でも、男の人はポキッと折れるようにして倒れてしまう。去年だけでも273人が介護自殺をしている。50代の男性が多いです。やはり人と人とのつながりがないと、頑張って、頑張って、いいことをしている人がポキッと折れるわけです。

 それを折れないようにさせるためにどうしたらいいかといったら、人のつながりと、時に僕たちは自然とつながっていることがすごく大事ですよね。大きな命の流れの中に僕たちは生きているわけです。

 それから、体と心はつながっていると考えると、秋吉さんが繰り返し言ってきたことだけれども、体に病気があるときに、医師は体に何か攻撃をして治してくれるけれども、医師以外の人たちは何もできないかといったら、そうではなくて、心と体はつながっているんだから、心に何かいい刺激をみんなで与えていくと、不思議なことが起きることがある。がんだとか、あと3か月の命だとわかったのに、3か月の命のはずが、がんが小さくなったり、そこから2年とか3年とか生きられる人が結構いる。だから、ほんとうのことを知ったって、心をきちんと支えてもらえれば、不思議なことが起きるんじゃないか。

 助からなかったときも、ありがとうねと家族みんなに伝えていける。それを僕たちの子供が見る、孫が見る。そうやって人間は年をとるんだとか、死んでいくということを子供たちまで含めてわかっていって、だから命は大切なんだ、自分たちの命を粗末にしてはいけない、生きたいのに生きられない人がいるんだということを、みんなが死とか生とかをちゃんと見られるようにしていくことが、もしかしたら、これからの日本をよくしていくのかもしれないですね。

 秋吉久美子さんの看取りについての連載記事が「一病息災」(2007年5月6日~6月24日)にありますので、そちらもご覧ください。

鎌田さんと秋吉さんの講演は6回に分けて掲載しています
(1)僕を拾ってくれた父親の教え(2009年12月21日)
(2)社会福祉って、手を握られること?(2009年12月22日)
(3)当て逃げのようながん告知 (2009年12月24日)
(4)告知せずに母を看取った、人間として正しいことだったのか?(2009年12月25日)
(5)だれだって頑張れない時がある(2009年12月28日)
(6)1%はだれかのために生きたい(2009年12月30日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

イベント・フォーラムの一覧を見る

鎌田實さんと秋吉久美子さんが語る

最新記事