文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

依存症

治療

アルコール依存症・断酒で自分の弱さを直視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 デイケアの話し合いに参加した人数などを日誌につける小嶋洋子さん(横浜市旭区の横浜マックで)  アルコール依存症治療の基本は、酒を断つことだ。重症者は入院が好ましいが、治療は通院でもできる。  4年前、多量の飲酒による依存症と診断された関東地方の会社員A子さん(36)は、通院で治療に取り組むことにした。心理的に酒を遠ざけるため、酒を少量でも口にすると悪酔いする「抗酒薬」を、数か月間毎日…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「依存症」に関連する記事

検査・診断

治療

すべて表示

付き合い方

予防

研究・その他

シリーズ

すべて表示