文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

お知らせ・イベント

お知らせ・イベント

(2)カツ丼、ピザをぺろり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

読売新聞創刊135周年スペシャルフォーラム

女優:愛華みれさん
1964年鹿児島県生まれ。宝塚歌劇団花組に所属し、85年、「愛あれば命は永遠に」で初舞台。01年に宝塚を退団し、現在は女優として舞台やテレビで活躍
埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科教授:大西秀樹さん
1986年横浜市立大医学部卒。神奈川県立がんセンター精神科部長を経て、06年、埼玉医科大学精神腫瘍科教授、07年から現職
読売新聞社会保障部記者:本田麻由美さん
1991年読売新聞入社。東北総局、医療情報部などを経て、00年から現職。02年に乳がんと診断される。闘病体験を通して医療のあり方を考える「がんと私」をブログで連載中

 本田: 闘病生活の中で、心の持ち方というのが大切なんだというお話を伺っていきたいと思います。愛華さんの闘病生活というのは本当に涙あり、笑いあり……。

 

 愛華: いや、笑いあるのはおかしいんですけどね。実は血管が細くて、抗がん剤の治療をすると、薬が強くて血管がつぶれちゃったんです。すっごく痛いんですけど、「どの痛みのピークでみんなは痛いって言い始めるんだろう」っていうのがわからなかった。「何か迷惑をかけるんじゃないか、こんなことで看護師さんを私が呼びつけてしまったら、かえって大変になるんじゃないか」って思うと、ナースコールを押せないんですよ。

 ある日、18ぐらいの女の子がすごく痛くてギャーッと、夜中に叫んで大ごとになっていたんですよ。そうしたら、一人の看護師さんが「あれ?もしかして」と、私の部屋にかけつけてきてくださると、私がうずくまっていて…。「ほら痛いんじゃない。何で言わないの?」って言われて。その途端に、気づいてもらったことで安心して、それでその後に看護師さんが「ごめんね、気づいてあげられなくて」って言われたことでポロポロポロポロ涙が出てきて。

 大西: かなり痛かったでしょう。血管痛はものすごく痛いですからね。痛みは、基本的には我慢しないで、言っていただけたほうがよかったかもしれませんね。

 本田: どうも最近は、痛みは我慢しないほうが良いそうですね。

 大西: 特に痛みに関しては、うつの原因になっちゃったりしますからね。

 本田: 痛みって覚えちゃうって言いますしね。あともう一つは、ぜひ聞きたいのが、「カツ丼事件」というのを。

 愛華: 抗がん剤の治療をしていて、すごく吐き気がきつい日があったんですね。でも、その日に限って食事にカツ丼を選んじゃったんですよ。看護師さんも「具合悪いから、食べなくてもいいからね」なんて引き揚げられて……。

 本田: 抗がん剤治療中にカツ丼を選ぶということもすごいですよね。ちょっとなかなか考えられないですね。

 愛華: 何か選んじゃったんですね。「くじけそうなときはカツ丼だ」なんて思っていたので。看護師さんは食べなくていいっておっしゃったけど、自分で「だめじゃない、こんなの食べなかったら。戻すのはどうせ戻すんだから、食べないと私、この病気に負ける」。いつも勝ち負けで生きているんですけど「負ける」と思ったので、「よし、自分に勝とう」と思って一口食べ、ずっと食べ、「よし、私はどこまで食べられるだろう」っていって完食を済ませ…。

 本田: 完食しちゃったんですか。

 愛華: はい。そして、もちろん後に押し寄せてくる吐き気と闘い、看護師さんが「どうだった。一口でも召しあがった?」と言って。「完食しました」と言ってふたを開けた瞬間に「アーッ」っておっしゃって、「先生!」っていってドクターを呼んでいらっしゃって。

 ドクターがすごく血相変えていらっしゃって、「抗がん剤のこの治療をしてカツ丼を完食なさったのは、あなたが初めてです。その感情はどこから来るんですか」って言われたので、「気合です」って、はねのけたんです。

 そしたらその先生は、「ああ、そんな人もいるんだ」と言って「気合」とメモされて帰っていかれました。

 本田: 先生も相当びっくり……。

 愛華: 私はその時に、「ああ、これは珍しいことなのかな」って。私はいっぱい、みんなもそうなさっていると思っていたので……。

 大西: ないない。

 愛華: ないないって、先生、私だって人間よ。とりあえず、そうやって闘ったんですけど、実際、本当に食事をとるという行為は、自分の中で薬を自分が作るというイメージがすごくあったので、私は良薬というか、それは自分のエネルギーだと思っていたので、自分が食べることに執着しましたね。

 本田: 治療中、つらいので食欲減っちゃうけれども、自分の体力をつけるためにも食べるというのは大事なんだとは思うんですけども。そのバランスって、先生、人にもよりますよね。みんなが愛華さんのようにはいかないですよね。

 大西: いや無理ですね、それはね。なかなか食べられないのが普通ですから。よくカツ丼食べたなと思いますけどね。宝塚女優さんがカツ丼というと、それだけでもびっくりしますけど。

 大体食べられなくなってくると、おそばを食べる方が多いですね。味が濃いし、スルッと入るし、冷たいから。食べられない時、「おそばを食べてください」って僕なんか言うことも多いんですけど、カツ丼の指導をしたことはないし、今日、初めて聞きましたね。

 でも大事なことは、食べるっていう意志ですね。愛華さんの場合はおそらく意志が強い。それに負けないっていう心がすごく強いなって、今実感しましたね。念ずれば本当にかなうんだなっていうのを感じました。

 愛華: カツ丼だけじゃなくて、ピザも頼んだんですよ。

 本田: 病室からですか。

 愛華: 通院中です、それは。本当に起き上がれなくて、このままでは私はずっと食べないでいるかもしれないと思って、携帯で姉に電話をして。それも、鹿児島にいる姉に東京から。それで「お願い、ピザを頼んで」と言って、近所のピザ屋を探してもらって宅配をしてもらい、ピザを食べました。

 あ、先生が何か不思議な目で見ている。ピザがいいとか、カツ丼がいいとは本当に、病気の人の食べ物じゃないなと今はすごく自覚をしましたけど、それぐらい、食べようとしちゃいましたね。

 大西: でも、いいことですね。食べないと体力落としちゃいますからね。食べられるうちは食べられた方がいいと思いますので、それはすごい根性だなと思います、本当に。

愛華さんの講演は6回に分けて掲載しています
(1)悪性リンパ腫と診断され…(2009年12月11日)
(2)カツ丼、ピザをぺろり (2009年12月14日)
(3)「あの人、本当にがん患者ですか?」(2009年12月15日)
(4)「放射線、ここに当てれば治るのさ」(2009年12月16日)
(5)家族は「第二の患者」(2009年12月17日)
(6)がん治療はみんなで取り組むもの(2009年12月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お知らせ・イベントの一覧を見る

最新記事