文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

はつらつ健康指南

エクササイズ・健康・ダイエット

顔の筋肉鍛え「いい笑顔」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 年齢を重ねると、気になってくる口元のしわやたるみ。顔の筋肉「表情筋」を鍛えることで、老け顔とさよならできるってホント?

ペットボトル筋トレを実演してみせる宝田恭子さん(右手前)(東京都世田谷区の「よみうり文化センター」で)=上甲鉄撮影

 東京都目黒区の主婦(36)は、6歳と3歳の娘と一緒に撮った七五三の記念写真を見て、がく然とした。口の両脇にしわがくっきり。子育てに追われ、改まって写真に納まる機会も久しくなく、まったく自覚がなかった。

 「なんとかしなきゃと思って調べているうちに、『これだ!』と思ったんです」

 それが「表情筋エクササイズ」。提唱者で、テレビに雑誌、講演会に引っ張りだこの歯科医、宝田恭子さん(53)のもとには、そんな人たちが集う。20種類以上あるメニューの中でとりわけ関心が高いのが、口の両脇のしわ「ほうれい線」を目立たなくするエクササイズだ。

 表情筋は、顔の表面を支え、目や口、鼻などを動かす筋肉。表情筋が衰えると、血液やリンパ液の循環が悪くなり、新陳代謝が低下して、肌に張りを失わせる。そこで、表情筋、特に唇周辺の筋肉を鍛えて血行をよくし、口元や顔の輪郭を引き締める筋力をつけようというわけだ。

手軽な運動

 ほうれい線対策には、ペットボトルや歯ブラシ、舌を使う運動などがあり、どれも手軽にできる。

 ペットボトル筋トレは、まずゆっくり息を吐き出した後、空のペットボトルをゆっくりと吸い込み、さらに元のように膨らませるつもりでゆっくり息を吹き込む。

 歯ブラシエクササイズは、歯ブラシをくわえて吸い込むように口をすぼめたまま、1から8まで数える。次に、背の部分でほうれい線の裏側をマッサージする。

 舌の運動としては、口中でほうれい線の裏側に沿って押すようにぐるぐる回すものなどがある。歯や歯茎をしっかりなめながら行えば、唾液(だえき)が行き渡って抗菌作用を発揮し、歯周病予防にもつながるという。

 「日に何度か、できるエクササイズを試してみて。継続が大事なので、3か月は続けてほしい。始める前後で写真を撮って、変化を確認してみるといいですよ」と宝田さん。

 ただし、やり過ぎるとかえってしわの原因になりかねない。一つの動作につき八つ数えるくらいが目安だ。顔を鏡でよく観察し、自分なりに加減しよう。

 歯科医として、口臭や歯周病の原因にもなる口呼吸の習慣を直す方法を考えてきたことが、表情筋エクササイズの出発点。鼻呼吸を促すには、緩んだ口元を引き締めることが大切で、表情筋やそれに連なる首の筋肉を鍛える必要性を実感した。

リハビリにも

 エクササイズには、病気で顔面マヒになり、顔の左右のずれに悩んでいた義母のリハビリとして考案し、効果のあった動きも採り入れている。

 宝田さんは「表情筋を鍛えると、口角が左右対称に上がったきれいな笑顔を作れる。いい笑顔は人に好印象を与えることにもなるので、男女問わず、お年寄りや子どもにもお勧めです」と話している。(高梨ゆき子)

ひとつの動作8秒目安

 【ペットボトル筋トレ】(ほうれい線を薄くする)
〈1〉2リットル入りペットボトル(やわらかめのものが良い)を両手で持ち、唇を突き出して「ほーっ」と声を出しながら息を吐き出す。次にペットボトルをくわえ、こう門をキュッと締めて腹筋を意識しながらゆっくり息を吸い込む
〈2〉こう門を緩め、ゆっくりとペットボトルに息を吐き出す

 ※それぞれの動作は8秒くらいを目安に。できれば3セット繰り返す。

 【チョキチョキエクササイズ】(顔のむくみをすっきりさせる)
〈1〉ひじを上げ、人さし指と中指を立てたチョキの形を作り、あごの骨を挟むように顔の輪郭に沿って耳まで8秒かけてさすり上げる
〈2〉2本の指で耳を挟んで後ろに向けて3回回した後、首筋から鎖骨にかけてなでる

 ※左側は右手、右側は左手を使い、左右とも同様に行う。

【発言小町】法令線を薄くしたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

はつらつ健康指南の一覧を見る

最新記事