文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

高齢者の性・ブログ

yomiDr.記事アーカイブ

珍しくない高齢期の不倫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 反響のお便りで、実はとても多かったのが、不倫関係でした。新聞では書きづらかったもので、ここでご紹介します。

 実は、このブログに掲載された手つなぎの写真も不倫カップルです。

 男性(60)側は、更年期以降、妻に拒否されて約10年間性生活がなく、同じ年の女性は熟年離婚でシングル。男性は、妻から「家に問題を持ち込まなければ遊んでいいわよ」と言われ、付き合い出したと言います。妻は専業主婦で、離婚は求めていないそうです。

 女性は、結婚していたころ、夫とは仕事や子育ての忙しさで会話もなくなり、「自分が我慢するのが当たり前の夫婦生活だった」と言います。「同年代の女友達は、具合が悪くて寝ていると夫に『おれの飯どうするんだ』と言われたり、更年期のつらい時に何も気遣ってくれなかったりと、夫と心が離れている人ばかり。私たちの年代で妻として満たされてる人がいるのでしょうか」

 それに比べ、離婚後の男性との関係は、「子育ても終え、社会的な責任を果たした後なんだから、自分の欲望に忠実になってもいいはず。結婚時には言えなかった、『こういう風にして』とか『そういうのはいや』という要求をはっきり言えるようになった」と、ずいぶん充実感を感じているそうです。

 男性は「セックスは女性を喜ばせることが大切」と参考書を買い込んで研究し、自身でも「二人のラブラブの記録」を執筆中。二人とも、「家庭を壊さなければ、この年齢になって、生きる喜びにつながる欲求を我慢することはないのではないか」と口をそろえます。

 不倫関係の反響を読むと、男性側は専業主婦の妻がいて、女性側はシングルという方ばかりでした。妻の心のうちはわかりませんが、感づいていたとしても、生活費の確保などのために、我慢したり、割り切ったりしている人も多そうです。

 30年来の不倫になります。週2、3回愛し合い、今も週1回は必ず愛し合います。彼は奥さんとどうかはわかりませんが、旅行などはよく行っているようで、相変わらず優しい夫だと思います。私は性交痛はなく、反対に快感が増えてきました。年齢は関係ないと思います。最後には茶飲み、酒友達で一緒にいられるだけでも幸福かなと・・・。(妻がいる69歳の男性と交際する61歳の離婚シングル女性)

 私はセックスは想定外でしたが、彼はそれでは満足できなかったようです。性とは男女が身体に触れ合うことによって、互いに相手を慈しみ、また自分も癒やされる行為ではないかと思うのです。夫亡き後、今までセックスなんて考えもしなかった私ですが、体験によってやはり、高齢者にとってのセックスについて考えてみたいと思いました。(妻のいる男性と交際する69歳の女性)

 日本性科学会の熟年シングル(40~70歳代)の調査でも、「交際相手に配偶者はいるか?」という質問に対し、「いる」と答えた人が女性では53%、男性では21%いました。反響特集でも書いたラブホテルでも、高齢男性と随分年下の女性のカップルが目立つようです。高齢期で珍しくなくなっている不倫関係。あなたはどう考えますか?

 
 

 

 岩永直子 社会部で警視庁、厚生労働省担当を経て、2009年6月から医療情報部。1面の年間企画「長寿革命」も担当している。趣味は居酒屋巡りとダイエット。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

koureisyanosei_87.jpg

岩永直子

読売新聞 医療部記者

39歳、夫と二人暮らし

趣味は居酒屋巡りとダイエット

高齢者の性・ブログの一覧を見る

44件 のコメント

夫婦が逆転!大いに結構

めざめたじいさん

あぁ~満たして、、さんじいと性は違っても、70歳で目覚める人もいるのですね。大感激です。じいの春の目覚めは9歳頃でした。あのむずむずするような性...

あぁ~満たして、、さん

じいと性は違っても、70歳で目覚める人もいるのですね。大感激です。じいの春の目覚めは9歳頃でした。あのむずむずするような性の衝動に、無我夢中でオナニーに耽り、親にも感づかれましたが「平常心」で見守ってくれました。童貞を捧げたのは28歳で結婚した妻です。

ところで、何が貴女の性欲に火を付けたのでしょうか? 他人の性行為を見ていないのでしたら、パソコンの動画でしょうか?

ご主人が満足させてくれない、いや、男としては辛いことですよ。妻を満足させるためには、まむし酒、イモリの黒焼き、生卵、最後は恥ずかしながら医者に薬を処方してもらいこと。
きょうはあれが効いたか、奥様の観音様の前で拝むような気持ちで、扉をこじ開けるのです。奥様が登り詰める前に、己の息子が萎れていく悲しさ。女性には分からない悲哀です。

ご主人さんを苦しめないためには、貴女を満足させてくれる別のお相手を探すことも良いのでは。子孫繁栄のための性を終えた人たちは、肉の歓びを分かち合える相手が必要です。70過ぎれば不倫ではなく、セックスパートナーとして公認されるべきでしょう。ご主人と違う愛され方を知るでしょう。理解あるご主人様にも外食を勧めてみて下さい。

つづきを読む

違反報告

義姉が受けた嫁外交渉

うらはらのやさしさ

 義姉は36歳で義兄と突然死別しました。悲嘆に暮れて、今にも電車に飛び込むのではないかと心配でした。 その時、義父の麻雀仲間が彼女の勤め先に来て...

 義姉は36歳で義兄と突然死別しました。悲嘆に暮れて、今にも電車に飛び込むのではないかと心配でした。
 その時、義父の麻雀仲間が彼女の勤め先に来て、経理の仕事を理由に義姉に優しい言葉を掛けてくれたのだと思います。後で分かったのですが、優しさと辛さにまどい、義姉は計理士と体の関係をもったのです。
 義父はうすうす二人の関係に気づき、私の妻にそれとなく会社に残っていないか見に行かせました。会社には誰も残っていませんでした。義姉はその人とホテルにでも行っていたのでしょう。
 ところが、義姉の息子が万引で捕まり、「自分がふしだらな生活をしているので、息子が非行に走ったのでは」と反省し、妻に泣きながら「誰かに本当のことを言わないと、彼から離れることが出来ない」。妻のショックは義姉より深かったようです。
 夫と死別した女性に言い寄る男は多いと聞きます。「喪服を身にまとったあなたの姿は、お気の毒で僕の胸を締め付けます。お寂しいでしょう、お慰めできるのは‥」と肉体関係を迫ったと想像します。
 敏々達也さんも同じようなケースではないでしょうか。敏々達也さんの奥様は、何の落ち度もないし、敏々達也さんに不満も持っていらっしゃらないでしょう。今は平常心で毎日あなたと楽しく生活しているはずです。

>ただ困ったことに、彼女は我々の事を友達に話したくて仕方がない様なのです。
なぜあなたは困るのですか。「5時間も性を放たないで女性が絶頂に達し逝きっぱなし」と、おのろけを言う方が困ることはないでしょう。

 私は奥様が、旦那様の嫁外交渉を知らずにいることの哀れさを気の毒い思います。義姉のように、我が身に大変なことが起こらない限り嫁外交渉は止まないでしょう。

つづきを読む

違反報告

身勝手な嫁外交渉

いじきたなし

 >何の落ち度もない家内に知れないかと、それだけが心配です。 身勝手も良いところ。心配すのでしたら止めることです。 気がとがめるから、こんな理不...

 >何の落ち度もない家内に知れないかと、それだけが心配です。

 身勝手も良いところ。心配すのでしたら止めることです。

 気がとがめるから、こんな理不尽なことを書くのです。

 己の欲望だけで動く人間として軽蔑します。

 奥様に1億円払って、「お願いだから別れて下さい」と土下座して頼みなさい。と言いたい。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事