文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

高齢者の性・ブログ

yomiDr.記事アーカイブ

男性がポルノで学んだセックス、女性はうんざり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 最近話題になっている、「101回目の夜」ダグラス・ブラウン著、河出書房新社)という本を読みました。

 アメリカの40代の新聞記者が、セックスレスの夫婦の問題を探るため、妻と連続100日間のセックスに挑戦する、というとんでもない計画の顛末を書いたまじめなノンフィクションです。二人は、計画達成のために、寝室の内装から、寝る時に着るもの、ロマンチックな二人きりの旅行、大人のオモチャ・・・など、ありとあらゆる工夫を重ねるのですが、妻の方が、雰囲気を盛り上げるために唯一拒否したのが、アダルトビデオだったというところ、なるほどねえと感じました。

 私もそうたくさん見たわけじゃないですが、女性から見ると、「うそだあ。そんなの女性は求めてないだろう」と冷めてしまう内容ばかりですよね。週刊誌で見かけるポルノ記事や、グラビアも同様。男性側の妄想という気がします。だから、レンタルビデオ屋さんでも、あの隔離されたような空間に、女性の姿が少ない気がするんです。

 だけど、男性はアダルトビデオやポルノでセックスを学ぶ人って多いのではないでしょうか?

 なぜ、「高齢者の性」がテーマのこの場所でこんなことを書くかと言いますと、男女が性に求めるもののズレって、こうした若いころからの情報から培われていくんじゃないかなと思うからです。男性がポルノで学んだセックスを長年押し付けられて、もううんざりという女性は多いのではないでしょうか。

 目の前の相手に何が気持ち良くて、何がいやなのか伝え合えばいいわけですが、特に、セックスについて「口にするのははしたない」という教育を強烈に受けてきた高齢世代は、特に女性が、きちんと自分の希望を言えないで過ごしてきた人が多いと聞きます。

 今回の連載には批判もたくさん寄せられました。

 「子どもに読ませたくないテーマで困っている」(40代女性)

 「挿入とか射精という表現が使われていますが、子どもが読むと刺激が強過ぎるし、悪影響を及ぼす」(50代男性)

 「正しく性をとらえればいいのでしょうが、子どもがこんな記事を読むと、いらぬ考えを持ち、何も知らなかった方が良かったと思うはずだ」(40代女性)

 でも、20数年前に小中学生だった私の世代でさえ、学校の中では、男子生徒を中心にポルノが出回っていましたよ。現代の子どもはもっと過激な情報が手に入ります。互いの思いやりが大切だという性教育はどこで受けられるのでしょう?高齢期の性が幸せなものになるかどうかは、若いころからの積み重ねが影響するはず。連載には、子どもが読んでも恥ずかしくないメッセージを込めたつもりです。

 
 

 

 岩永直子 社会部で警視庁、厚生労働省担当を経て、2009年6月から医療情報部。1面の年間企画「長寿革命」も担当している。趣味は居酒屋巡りとダイエット。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

koureisyanosei_87.jpg

岩永直子

読売新聞 医療部記者

39歳、夫と二人暮らし

趣味は居酒屋巡りとダイエット

高齢者の性・ブログの一覧を見る

12件 のコメント

青空の下

ひよこ

 48歳女性、数年前に夫と死別しました。ふたり元気で年をとって仲良く暮らそうね、と本当にしあわせな毎日でした。何でもないような会話、肩もみ ハグ...

 48歳女性、数年前に夫と死別しました。ふたり元気で年をとって仲良く暮らそうね、と本当にしあわせな毎日でした。何でもないような会話、肩もみ ハグ キス…そういうふれあいすべてがある日突然 思い出になってしまいました。いま夫婦そろっている人たちには たくさん話す時間をもってほしいな、とおもいます。


 この特集を読んだときには つらい思いをしているひとがたくさんいることに驚き また高齢になっても仲良く しあわせに愛し合っている人たちに勇気をもらいました。


 ブログのことは今日、知り またいろいろな人の声がきけるとうれしく思いました。やさしく相手をおもう気持ちがいちばん大事、そこからすべてが始まる、そんなふうに思います。

つづきを読む

違反報告

性に対する概念の性差

Mitsu

 岩永さんのおっしゃる通り、性生活の基本は相手に対する思いやりだと思います。相手をどのように気持ち良くさせるか、幸せな気持ちにさせるかだと思うの...

 岩永さんのおっしゃる通り、性生活の基本は相手に対する思いやりだと思います。相手をどのように気持ち良くさせるか、幸せな気持ちにさせるかだと思うのです。


 相手が幸せだから、自分が幸せでいられるという気持ちがなければ本当の性生活は成り立たないと思います。女性に心地よい感じを与えるのが、まず第1歩なのに男性にとってのSEXは余りにも自分本位なんですよね。日本の場合、女性が自分の本音を言わない為に、男性本位になってしまいがちです。


 昔は、赤線などでお姉さま方から性教育を受けていた男性が、今は男性が作るアダルトビデオが性教育の教師なので余計に男女の性に対するギャップが広がっているのだと思います。アダルトビデオは性生活は女性に対する優しさの表現だという一番大切なことは教えてくれませんからね。アダルトビデオのなかでは、女性は男性のストレス解消のためのドアマットでしかないように思います。


 アメリカのサマースクールに参加した娘が全ての女子学生が教室を出るまで、入るまで男子学生が教室のドアをずーと持って開けていてくれるのだと感激して話していました。女性を大切にするこの自然な気持ち、姿勢が大人になってからの性生活の基本となるのだと思います。女性に優しく!これが日本の教育に欠けているのです。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事