文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

薬物依存 リハビリ施設が利用者急増で資金難

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 ダルクの施設数と覚せい剤事件の再犯率  公的支援を求める声   覚せい剤や大麻など薬物依存者の民間リハビリ施設「ダルク」がこの10年間で3倍に増え、全国で74施設に達した。グループミーティングによる「断薬効果」が注目を集め、依存者や元受刑者の〈駆け込み寺〉として利用が広がっているためだ。薬物事件の再犯防止が課題となる中、更生教育の担い手として法務省からも期待されるが、大半が資金難にあ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事