文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

依存症

治療

ギャンブル依存 「仲間」と苦しみ語り合う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  画像の拡大 今年、パソコンを始めたA子さん。日記をつけて自分の心を見つめている  2004年、娘に連れられ岩崎メンタルクリニック(神奈川県藤沢市)を受診したA子さん(59)は、ギャンブル依存症と診断された。パチンコをやめたいのに、なぜやめることができないのか。  「意志の弱さでなく、病気だからです」  院長の岩崎正人さんは、そう説明する。発症の仕組みは解明されていないが、ギャンブルが強い興奮状…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「依存症」に関連する記事

検査・診断

治療

すべて表示

付き合い方

予防

研究・その他

シリーズ

すべて表示