文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

幻視や妄想、暴力の解消に漢方薬が効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 神奈川県内に住む70歳代のA子さんは、半年ほど前から、部屋の片隅に「赤い服を着た少女が座っている」と度々訴えるようになった。少女に話し掛けたり、お菓子をあげたりしていたが、家族には見えない。少女はA子さんの幻視で、やがて毎日見えるようになり、家族との会話もままならなくなった。記憶障害と共に、幻視などが起こる「レビー小体型認知症」と診断され、漢方薬の抑肝散(よくかんさん)を飲み始めた。すると1か月…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事