文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

はしか対策、茨城に学べ 集団感染ゼロ 患者1人で即会議、学習塾にも通知

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 茨城県のはしか対策システム  昨年教訓  全国ではしか(麻疹(ましん))が流行するなか、昨年の集団感染を教訓に、迅速な対策にかじを切った茨城県と東京・葛飾区は今年、集団発生の封じ込めに成功している。各学校で患者が1人発生した段階で、関係者が速やかに情報を共有し、対応を徹底する作戦を実践しており、国立感染症研究所が封じ込めのモデル対策として紹介するなど、注目を集めている。  茨城県では…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事