文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

筋腫の種類と薬物治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
画像の拡大 子どもに本を読み聞かせるA子さん。体調もよくなり寝込むことはなくなった  「あれ、子宮筋腫(きんしゅ)が何個かありますね」  東京都西東京市の主婦A子さん(39)は2005年春、産婦人科でそう告げられ驚いた。3人目の子が欲しいと思い、健康チェックを受けた時だ。  「子宮をとらなければいけないのかしら」。不安になったが、医師は「症状がないようでしたら、様子を見ましょう」と言った。  子宮…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事