文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

胃ろうとの併用で苦痛少なく栄養状態改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 妻の晟子さんにゼリーを与える村井良さん  「はい、ママー」  初春の日が差し込む東京都渋谷区のマンションで、認知症の村井晟子(あきこ)さん(72)の食事が始まった。夫の良(りょう)さん(70)が、晟子さんの腹部に開けた胃ろうの受け口に、天井からつるした栄養剤のチューブをつなぎ、胃に直接、栄養を注入する。晟子さんは良さんの声に、柔和な表情を浮かべた。  晟子さんが胃ろうをつくったのは、…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事