文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

髄膜炎・脳炎

予防

髄膜炎ワクチン 普及体制の議論急務(解説)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 乳幼児が死に至ることもある細菌性髄膜炎を予防する「インフルエンザ菌b型(Hib=ヒブ)ワクチン」が、今月下旬にも承認される。(医療情報部・山口博弥)  Hibは、乳幼児の5%が鼻の奥やのどに保菌する、ありふれた細菌だ。しかし脳の髄膜に感染すると、「細菌性(化膿(かのう)性)髄膜炎」を引き起こす。  わが国のHib髄膜炎は、5歳未満の乳幼児2000人に1人が発症する。患者の5%が死亡、25%に聴覚…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「髄膜炎・脳炎」に関連する記事

予防