文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

髄膜炎・脳炎

予防

細菌性髄膜炎のワクチン承認へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 乳幼児が死に至ることもある細菌性髄膜炎を予防する「インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン」について、厚生労働省薬事分科会は26日、承認が妥当とする結論をまとめた。これを受け、厚生労働省は1月中にも承認する見通し。  厚労省によると、Hibによる髄膜炎を発症する小児の患者は、国内で年間推計約600人。このうち患者の5%が死亡し、25%に聴覚障害や発達の遅れなどの後遺症が残るという。  Hibワクチ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「髄膜炎・脳炎」に関連する記事

予防