文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

骨髄細胞移植で脊髄損傷を再生 関西医大が臨床試験開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 脊髄損傷の神経再生治療  交通事故などで脊髄(せきずい)を損傷した患者に、自分の骨髄の細胞を移植して神経細胞の再生を促す治療の臨床試験が、関西医科大滝井病院(大阪府守口市)で始まった。骨髄細胞を使った脊髄損傷の治療は世界でも例がないという。研究グループの鈴木義久・京都大助教授(形成外科学)が13日、岡山市で開かれた日本形成外科学会で発表した。  事故直後、救命救急センターなどに運ばれ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事