文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

ピアニストの智内さん、リハビリで克服し演奏再開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 「右手の回復を実感する」という智内威雄さん(ドイツ・ハノーバーで)  自分の意思に反し、手指や首の筋肉が収縮して曲がったり、まぶたが閉じたりするジストニア。今秋の連載後、ドイツで活動するピアニスト智内威雄(ちないたけお)さん(29)から、リハビリ療法の体験報告が電子メールで寄せられた。  埼玉県出身の智内さんは、2000年に国立ハノーバー音楽大学に進み、国際コンクールで入賞を重ねるよ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事