文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

性感染症(2)淋病、注射薬で治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 「繰り返し感染する患者さんも少なくありません」と細部高英さん(東京・根津の医院で)  かつて性感染症の代名詞であった淋病(りんびょう)(淋菌感染症)。ペニシリンなどの抗菌薬の登場で感染者は減り続けてきたが、10年前から再び増加に転じた。予防に関心が薄い若者の性行動に加え、背景には抗菌薬が効かない耐性菌の出現がある。意外なことに、口を介した感染も広がっている。  東京都の男性(20)は…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事