文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

若い患者、心の傷深く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 インターネットを使って患者仲間に話しかける片木美穂さん(東京都内の自宅で)  女性のがんを特集した連載「病院の実力 子宮・卵巣がん」(4月6~12日)、「子宮・卵巣がん 治療の後で」(同13~16日)には、20~30歳代の若いがん患者から反響が相次いだ。  後半の連載で、リンパ浮腫(ふしゅ)や排尿障害など治療の後遺症に焦点を当てたところ、昨春、卵巣がんの手術を受けた東京都三鷹市の主婦…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事