文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

未破裂脳動脈瘤、様子を見ることも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  画像の拡大 血管内治療が行われる脳血管撮影室(神戸市立中央市民病院で)  茨城県の主婦B子さん(61)は、3年前の夏、脳ドックを受けた。血管が狭くなる脳梗塞(こうそく)の兆候や、動脈分岐部にできる動脈瘤(りゅう)などを調べる。そこで動脈瘤が見つかった。  治療を覚悟して、国立病院機構水戸医療センター(茨城県茨城町)を受診。精密検査の結果、こぶは1個で、大きさは2ミリ程度の小さいものと分かった。…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事