文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[アナフィラキシー](5)食事と運動で発症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 エピネフリンの自己注射薬。太ももに押しつければ薬液が注入される(製薬会社「メルク」提供)  弁当を食べた後にサッカーをした男子中学生(14)は、間もなく全身にじんましんが出て呼吸が苦しくなり、病院に運ばれた。  後日、横浜市大市民総合医療センター小児科部長の相原雄幸さんを受診、血液検査を受けると、小麦へのアレルギー反応を示す抗体ができていた。  そこで、実際に小麦粉を食べる試験をした…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事