文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[アナフィラキシー](3)市販薬でも激しい症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 使うと危険な薬のリストをアルミ製のカプセルに入れ、カギや携帯電話にも取り付けている大久保さん  東京都の会社社長、大久保敦子さん(45)は、昨年秋のある土曜日、前日に治療した右の奥歯がズキズキと痛み出した。  かかりつけ医は休診で、やむなく当番の歯科医へ。数年前、市販の鎮痛薬を飲んで吐き気や湿疹(しっしん)が現れたことがあり、問診票に詳しく記入した。  応急処置を受けた後、自分にも使…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事