文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

働き盛りの闘病(2)患者同士の交流、励みに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 「パソコンなしでは病気と向き合うことはできなかった」と言う堀雅弘さん(東京都内の自宅で)  パーキンソン病はいま  40歳代半ばでパーキンソン病と診断された東京都内の建築士、堀雅弘さん(48)。足が前に出にくい、左手が震える、などの症状は徐々に強くなっていった。  治療の基本は薬で、数種類ある。だが、治療を始めた当初は、どの薬が効くのか医師も試行錯誤せざるを得ない。堀さんは最初に飲ん…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事