文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

働き盛りの闘病(1)人生設計崩れ不安の日々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 近所の公園でリハビリを兼ねて太極拳をする堀雅弘さん(東京都内で)  パーキンソン病はいま  東京都に住む堀雅弘さん(48)は、大手建設会社の設計部課長。建築士として、医療施設の設計に忙しい毎日を送る。  健康な人に比べ、歩く速さは半分ぐらい。パーキンソン病のために、思うようには歩けない。  初めて異変を感じたのは10年前、38歳のころだった。突然肩が痛み、2日間寝込んだ。大学時代はゴ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事