文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

手術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
目薬効かぬなら手術も 画像の拡大 「目薬での日常管理が大切」と言う山本哲也さん(左、岐阜大病院で)  緑内障は、視神経が損傷し、視野が狭くなっていく。正常眼圧緑内障の記者(34)は、自覚症状がなく、検査で分かる程度。当分は目薬で十分だろう。だが、目薬で悪化が治まらない人もいて、手術が必要になる場合もまれにある。  京都市の女性(62)は四年前、近所の眼科で正常眼圧緑内障の疑いが指摘された。その数年…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事