文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

正常眼圧緑内障とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 眼圧検査を受ける記者(東京警察病院で)  失明の不安募る  緑内障は、視野が徐々に狭くなっていく病気だ。昨年まとまった国内の大規模調査で、四十歳以上の5・78%。十七人に一人の割合だ。失明原因では糖尿病性網膜症に次いで二番目に多い。年を取るほど増加するが、記者(34)は二十歳代半ばで「正常眼圧緑内障」と診断された。毎日目薬をさし、定期検査も受けているものの一筋縄ではいかない。記者の体…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事