文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

放射線と妊娠 通常の検査なら影響心配なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 もうすぐ2歳の誕生日を迎える長男を囲む淵上さん夫婦(熊本県内の自宅で)  熊本県の淵上聖子さん(28)は、二〇〇一年十月、近くの病院の検査で妊娠がわかった瞬間、不安がよぎった。その十日前、腎炎の再発の疑いで、造影剤を使い、腎臓や尿管のエックス線撮影をしていた。赤ちゃんに影響はないか。  産婦人科の医師は「照射した位置が悪い。妊娠を続けるかどうか、家族と相談してください」と言った。放心…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事