文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

尿が通常の3倍出る腎性尿崩症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 画像の拡大 A君(手前)の身の回りにいつも水筒がある。「そろそろ自己管理できるようにする年齢です」という父正彦さん  東大小児科教授の五十嵐隆さん(50)は「通常は水を補っていれば命にかかわることはないが、赤ちゃんの時に気づかず、脱水を繰り返して発達障害を招くことがある。早く診断をつけることが重要」と言う。  ただ、国内で小児患者は百―二百人と少ないうえ、生まれた時に際立った症状があるわけでなく…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事