文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

電気けいれんで患者死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 「ミスなかった」と病院側  上野原町上野原の精神病院「財団法人 三生会病院」(山崎達二院長、二百三十五床)で四月二十四日、心筋こうそくの持病がある同町内の男性患者(51)が「電気けいれん療法」を受けたあと死亡していたことが二日分かった。  山崎院長によると、男性は統合失調症で一九九五年から四、五回同病院に入院したが、治療を拒否して最近二年間は自宅療養していた。症状が良くないため、男性の母親と弟が…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事